スポンサーリンク

『経理』から『営業』への転職はアリ!?|実際の失敗談も交えて紹介します

経理
スポンサーリンク

「今日も事務所で缶詰状態。営業みたいに外いきたい・・・」

「四六時中、パソコンと睨めっこ&同じ人と顔合わせ状態がツライ(涙)」

 

どうも、現役経理部員のジャックです。

本日は『”経理”⇒”営業”の転職はアリなのか!?』についてお伝えします。

ジャック
ジャック

じつは過去に大きな失敗をしたことあります・・・

その時に体験したことも含めてお伝えしますね!

■この記事の内容

  • 『経理⇒営業』をオススメできる方・できない方
  • ”転職”で経理⇒営業はやめておけ!
  • 実際に私が体験した経理⇒営業の転職

経理⇒営業を考えている方は、ぜひこの記事を参考にしてみてください。

 

『経理⇒営業』をオススメできる方・できない方

オススメできる方の特徴

  • 「どうしても営業になりたい!!」という強い思いのある方
  • 毎日数字を見るのが辛い・デスクワークが我慢できない方
  • 仕事のことを考えるだけでイライラする・体調が悪くなる

 

「どうしても営業になりたい!!」「目に見える成果を生み出したい!!」という方はチャレンジする価値はあると思います。

 

また”経理の仕事内容・働き方”が受け入れられない方も、職種変更を検討すべきであると思います。

そのまま無理に働き続けても、無理なものは無理。慣れるどころか体調に異変をきたす場合があるので、早急に職種変更を検討することをオススメします。

ジャック
ジャック

無理してぶっ倒れてしまうと大変です!

”経理”自体を受け入れられない方は要注意ですよ!

 

オススメできない方の特徴

以下のような方は”絶対に”やめておきましょう。

  • 「経理は嫌いじゃないけど、なんか仕事内容にあきたな~」
  • 「営業のように外回りでさぼりてぇ~」
  • 「あの人で営業できてるから、余裕っしょ!」

 

長年やっていると「経理あきたな~」って感じで他の職種をやりたくなる気持ちになることがあると思いますが、一時の感情で「営業にいく!」と決めるのは絶対にやめましょう。

間違いなく後悔します。「経理もどりたい~(涙)」となります。

 

また、営業の同期と飲みに行ったときに

  • 「この前、外回り中にずっとネカフェで漫画よんでたわ(笑)」
  • 「朝礼だけ参加して、外回り中ずっとカフェで昼寝してた(笑)」

こういった話を聞かされた時は心揺らいじゃいますよね。

上手くサボっている方の話を聞くと「なんで私はあんなに居心地の悪い事務所で監視されながら仕事しているんだろう・・・」と思ってしまうのは本当にわかります。やるせないですよね。

 

ただ、だからといって安易に「営業にいく!」と決めてしまうと間違いなく失敗します。「こんなハズじゃなかった!!」っと。

たまえ
たまえ

「隣の芝生は青く見える」状態になっていますよ!

そういった時こそ、一度冷静になりましょうね♪

 

一度立ち止まって冷静に考えよう

これ本当に大事です!仕事に慣れてくれば絶対に「おれコッチの分野でも余裕じゃね!?」っと思うことあると思いますが、それ勘違いです。

 

以下のように

  • 「本当に経理の仕事が好きになれません・・・毎日が辛いです」
  • 「経理を続けていくと病気になって死んでしまう(涙)」

という状態なら仕方ありません。

 

ただ、そうでないなら”マインドマップ”などを利用して気持ちを整理しましょう。

『マインドマイスター』というツールなら無料で使えるので、ぜひ利用してみてください。

大体は他の部門の”良いところ”だけを見て「俺もコッチがいい!」と思っているだけだと思うので、マインドマップで思考を整理すれば、かなり冷静になれると思います。

ジャック
ジャック

経理で働けるってかなりプレミアですよ!

市場価値も高く潰しも効く職種なので、本当にいいのかどうかしっかり考えましょうね。

 

”転職”で経理⇒営業はやめておけ!

これは絶対にやめておきましょう。経理⇒営業にいくなら今勤めている会社で行うように!

環境も仕事内容もすべて変えてしまうとかなりのストレスになります。めちゃくちゃ大変です。

 

転職の戦略として大事になってくるのが『軸ずらし転職』

私のようにこれを無視して業界も職種も思い切って変えてしまうと、ほぼ確実に失敗します。

 

『軸ずらし転職』って??

A.職種、業界のどちらか一方は同じ状態で転職する方法

例えば・・・

  • 同じ「職種」のまま、「業界」だけ変える
  • 同じ「業界」のまま、「職種」だけ変える

たまえ
たまえ

片足を残したまま「業界」や「職種」を変えていくという感じですね!

ジャック
ジャック

理由もなく”ただなんとなく”で業界も職種も変えるのは絶対にやめておきましょう♪

■あわせて読みたいオススメの書籍はコチラ

 

業界も職種も変えるなら、必ず”転職エージェント”に相談を

どうしても業界と職種の両方を変えて転職したいという方は、必ず”転職エージェント”に面談してもらうことをオススメします。

理由としては

  • 業界と職種を同時に変えることで発生する問題をリアルに教えてもらうことができる。
  • 第三者の方に転職理由を聞いてもらうことで、本当に転職すべきかどうかを改めて考えることができる

1人で考えてしまうと、どうしても自分の都合の良いようにイメージしてしまいます。

そういう状態が一番危険な状態なので、エージェントに話を聞いてもらい「本当に転職してもいいのかどうか」をよく検討してみてください。

ジャック
ジャック

以下のエージェントは評判もよく、無料で面談できるので利用してみてください!

■20代にオススメのエージェント

■管理部門に特化しているエージェント

■高年収でハイキャリアの方にオススメのエージェント

私が実際に体験した失敗談|早期退職しました

過去に建設業の経理⇒ITの営業職に転職し、失敗しました。

ジャック
ジャック

在籍期間は数か月。キャリアに傷がついてしまいました(涙)

 

■転職しようとした理由

  1. 経理の仕事が飽きた
  2. 「営業でもイケるやろ!」と自惚れていた
  3. 誰からも監視されず、自由に仕事をしたかった

■実際に転職してみてどうだったか?

  1. 研修もロクに受けずに外回り開始
  2. 商品知識を得るのに物凄い勉強が必要
  3. 客に振り回されて自由どころではない

 

普通に考えたら大変なことくらいわかるのに、前職のラクそうにしている営業を見て根拠なく「余裕やろ!」と思っていました。

そして自分の都合の良いように仕事のイメージをしてしまい、誰にも相談せず勢いで転職し大失敗。数か月で仕事が嫌になり退職⇒経理にもどりました。

「絶対にこの職種をやりたい!」という思いや、「このままだとメンタルやられてしまう・・・」みたいに追い込まれていない限り、安易に業界&職種を変更しようとすることはやめましょう。

たまえ
たまえ

勢いも大切かもしれませんが、転職については少し慎重になりましょうね!

 

まとめ|職種変更の転職は慎重に!

この記事では『経理⇒営業への転職はアリなのか!?』についてお伝えしました。

転職すべき方と、そうでない方の特徴をあらためて整理すると

  • 「どうしても営業になりたい!!営業をしてみたい!!」
  • 「ヤバイ・・・経理なんて続けていたらぶっ倒れてしまう(涙)」
  • 「”軸ずらし転職”で少しづつキャリアアップや!!」
  • 「経理あきたし他のことやいたいな~」
  • 「俺も外回り中に仕事さぼりてぇな~」
  • 「あの人で営業できてんなら、俺でもできるやろ(笑)」

 

もし経理⇒営業を考えているなら今勤めている企業でできないかを検討してみてください。

「会社がそこまで好きじゃないし、経理にも飽きたから思い切って全てを変えちゃえ!!」ということは絶対にやめておきましょう。

本当の本当に後悔してしまいます。その後の転職活動にも影響してしまいます。

それでも転職しようと思うのであれば、まずはマインドマップを活用して思考を整理することと、転職エージェントなどのプロに相談してみることをオススメします。

以下の転職エージェントであればしっかりと相談にのってくれるので、ぜひ活用してみてください!(無料で利用可能です。)

■20代にオススメのエージェント

■管理部門に特化しているエージェント

■高年収でハイキャリアの方にオススメのエージェント