スポンサーリンク

経理に必要なスキルってなんぞや?|新卒者・経理未経験者の方は必見です!

経理
スポンサーリンク

「経理に配属となったんだけど、何か必要なスキルある??」

 

どうも、経理部のジャックです。

本日は「経理に必要なスキル」についてお伝えいたします。

ジャック
ジャック

今後、経理で働くなら気になるところですよね!

いったいどんなスキルが役立つんだろう??

■記事の内容

  • 必要なスキルとは?
  • 実際に使う場面は?
  • どうすれば身につけられるの?

この記事では、わたし自身の実体験に基づいて「経理に必要なスキル」を紹介します。

これから経理として働く方、経理を目指している方はぜひ最後までご覧ください。

 

まず結論 経理に必要なスキルはコレ!

先に結論からお伝えすると、「経理に必要なスキル」は以下の3つです。

  • Excel(関数を扱って表作成)
  • 簿記の知識(財務諸表が読める・説明できる)
  • コミュ力(調整力)
たまえ
たまえ

個人的にはExcelのスキルが一番重要だと思います!

詳しくは後ほど説明しますね♪

 

必要スキルその① 「Excel(関数を扱って表作成)」

意外かもしれませんが、Excelのスキルが一番重要といっても過言ではないと思います。

理由としては

  1. 数字を集計する業務はExcelを使わないと死ぬ
  2. ”管理会計”は絶対にExcelを使う
ジャック
ジャック

経理の実務はExcelが大活躍する業務が盛りだくさんです。

 

数字を集計する業務はExcelを使わないと死ぬ

ジャック君。販売管理費の実績を表にして報告してくれる?

あ、ついでに前年差も表示させて!よろしくね~

経理で働いていると、上司からこういった命令が急に来ることは日常茶飯事です。

 

会計システムから必要な項目を選択し印刷⇒そのまま提出というだけで済めばいいのですが・・・

その場合、間違いなく上司から注意されます。「こんな分かりづらい資料なんて使えるか!!」っと。

 

残念ながら会計システムからそのまま印刷したものはメチャクチャ分かりにくいです(汗)

なので、データをExcelで抽出⇒加工という作業をしなければなりません。

 

もし、この時にExcelがまったく使えなければ、かなりの時間を要してしまいます。

おい!まだ終わらないのか!!

と、メチャクチャ急かされて追い込まれてしまいます(私はかなり追い込まれました)

 

こういったことにならないよう、これから経理になられる方は以下の書籍などで少しでもExcel(関数)を使えるようにしておきましょう。

ジャック
ジャック

私は”オートSUM”すら知りませんでした(震)

入社当時は本当に辛くて地獄でした・・・

 

■Excelを学ぶならコチラの書籍がオススメです

■あわせて読みたい

 

管理会計は絶対にExcelを使う

それなりに経験を積んでいけば”管理会計”を任されると思います。

具体的には”予実管理””計画策定”など。

 

予実管理

予算と実績の差を把握し、大きく乖離していれば原因を追及します。

この時にも予算と実績のデータをExcelで抽出⇒加工し、”予算” ”実績” ”差”が分かりやすく表示されている資料をつくって報告しなければなりません。

 

計画策定

「確実にこれだけ発生する!」とわかる項目もあれば、どれくらい発生するか不透明な項目があるので、そういったものはaverage関数を使用し過去3年間の平均を計画値として使用することがあります。

 

このように「管理する」という作業は絶対にExcelを使う場面が発生します!

たまえ
たまえ

もしこれまでExcelなど使わずに手書きや電卓などアナログな方法で仕事をしていると大変なことになるので気をつけましょうね!

 

必要スキルその② 「簿記の知識(財務諸表が読める・説明できる)」

ぶっちゃけると、簿記の知識がなくとも”作業”はできます。

ただ、いずれは簿記の知識をフル活用して問題解決に取り組む必要がでてきます。

ex)勘定科目がテレコになっていて上手く相殺ができていない⇒修正仕訳はどう作る?など

 

またレベルが上がっていけば、業績評価を任されたりするので、その時に簿記の知識が無ければ・・・

〇〇君。こちらの表(財務諸表)はどう読めばいいのかな?予実差異が大きいけど、この原因は?今後はどういった感じで戦略を立てればいいと思う??

いや~、部下が作った資料なので中身について聞かれても(笑)

これまでどおりのやり方でいいんじゃないですか??

・・・

 

私が勤めていた企業の中に簿記3級を持っておらず、知識もない管理職がいましたが、報告のたびに上のような感じでした。

当然、周りからの信頼もなく、我々のような配下からの評価も最悪です。

入社したての頃は問題ありませんが、こうならないためにも最低”簿記3級”の知識は抑えておいたほうがいいです。

ジャック
ジャック

以下の通信講座ならコスパよく、効率的に学べます!

 

必要スキルその➂ 「コミュ力(調整力)」

経理に配属となれば色んな部門から電話がかかってきます。

とくに得意先管理の担当となれば、営業からの問い合わせがヤバいです。

「ジャックさん!このお客さんの過去の入金実績教えて!」

「お客さんがお金払ってくれないから電話&文書で督促して!」

「今お客さんと揉めているんです!過去の契約がどうなっているか教えて!」

「お客さんと覚書を取り交わすんだけど、内容はこれでいいかな?」

 

問い合わせ内容には、明らかに経理ではない内容なのに聞いてくる人もいます。

「とりあえず分からないことあったら経理に電話する&押し付ける」という雰囲気の会社は要注意。

なんでもかんでも受けて解決しようと意気込んでしまうとメンタルがやられます。

 

そうならないために、”自分で解決できる内容” ”経理だけど上を巻き込む必要がある内容” ”経理ではなく他部門の管轄の内容” を上手く頭の中で仕分けして交通整理できるコミュ力が必要です。

ジャック
ジャック

「ウチで〇〇やるから、そちらで〇〇をやっといて!!」

たまえ
たまえ

「それは法務の管轄です!話を通しておくから、法務にあらためて連絡してください!」

 

こんな感じで交通整理できるようなコミュ力(調整力)は絶対に必要となります。

参考として、以下のような書籍を読むのをオススメしますが、基本”慣れ”で身につくスキルなので、配属したら1日でも早く身につけられるよう頑張りましょう!

 

まとめ|経理はExcel・簿記・コミュ力を鍛えるべし!

この記事では「経理に必要なスキル」について紹介しました。

あらためて内容を整理すると、経理に必要なスキルとしては

  • Excel(関数を扱って表作成)
  • 簿記の知識(財務諸表が読める・説明できる)
  • コミュ力(調整力)

 

Excelやコミュ力は経験して身につくことが多いですが、以下の書籍をサラッと読んで軽く触れておくだけでもしておいたほうがいいと思います。

 

また、簿記の知識取得については通信講座の活用をオススメします!

独学で学ぶと間違って解釈してしまう可能性があるので、可能な限り通信講座を活用してください。

ジャック
ジャック

以下の通信講座ならコスパよく受講することが出来ます!

資料だけでも取り寄せて、どんな感じか確認してみてくださいね♪