スポンサーリンク

【感想】ラブライブ!虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会 2nd Live! Brand New Story

アニメ
スポンサーリンク

9月18日の21時にてリピート配信も終了したので、今回のライブについての感想を書いていこうと思います!

筆者は9月12日の18:00〜の公演しか見れませんでしたが、ほんっっっとうに最高のライブでした!

上手く纏められるように頑張ります!

ラブライブについて

学校を舞台に活動するアイドル、通称「スクールアイドル」の活動を通じてメンバーの奮闘と成長を描いた青春群像劇です。

多くの方はアイドルというワードから、「芸能界に入りトップアイドルを目指す!!」というストーリーを思い描くのではないでしょうか??

そういった物語も素晴らしいと思いますが、この「ラブライブ」は芸能界ではなく学校の部活動の一環として活動します。

廃校の危機に面した自分たちの学校を救うため、アイドル活動に奮闘するメンバーたち。

「学校を救いたい!」と努力する過程で立ちはだかる困難に対し、彼女たちがどう乗り越えていくのか。

そういったところが見所の一つであると思います。

過去に部活動を行なっていた方や、何かに熱中していた事のある方は是非ともご覧ください。

かけがえのない青春時代に感じた大切な気持ちを、この物語が再び思い出させてくれると思います。

ラブライブの沿革

「電撃G’sマガジン」から始まり、そこから楽曲やアニメーション制作、スマホ用ゲームアプリやライブイベントなど様々なメディアを通じて展開されてきました。

アニメーションについては以下の2作品が放送され、それぞれ劇場版も公開されるなど大きな人気を博すこととなりました。

またアニメーションに限らず、楽曲では日本ゴールドディスク賞を受賞、ライブイベントでは東京ドームや埼玉スーパーアリーナなどでの公演、グループとして年末の紅白歌合戦にも出場するなど輝かしい実績を残しております。

なぜ、このように多くの方から支持されるのか??

楽曲やアニメーション、ライブの演出が素晴らしいのはもちろんですが、筆者はキャラクターやキャストの方々と共に作品を作り上げることができるからだと思います。

「みんなで叶える物語」というキャッチコピー通りに、ラブライブというコンテンツに関わる全ての人たちの力で作品を作り上げていく。

そして全員が作品に対し愛情を持ち、「更に良い作品にしていきたい!」という思いを自然と生み出してくれるのが、人気になった理由の一つではないでしょうか。

これからもキャラクターやキャスト、スタッフやファンの皆さんの力でより素晴らしい作品へと進化し続けていくだろうと思います。

ライブの詳細

今回のライブは先程紹介した2作品ではなく、2019年よりリリースされた新作スマホゲーム「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバルALL STARS」の展開に伴い結成された「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」によって行われました。

ライブの日程としては以下の通りです。

・9月12日 12:30〜(1回目)、18:00〜(2回目)
・9月13日 16:00〜

今回のライブについては今般の社会情勢を考慮し、無観客有料生配信で行われました。

冒頭でもお伝えした通り、筆者は9月12日の18:00〜の公演しか拝見できなかったので、その時のセットリストをご紹介します。

未来ハーモニー
無敵級ビリーバー
SUPER NOVA
Love Triangle
アナログハート
Say Good-Bye 涙
やがてひとつの物語
Sing & smile!!
beautiful moonlight
LIKE IT ! LOVE IT !
楽しいの天才
Margaret
DREAM land! Dream World!
cheer for you!!
Fire bird
哀温ノ詩
Marchen star
決意の光
TOKIMEKI Runners
<アンコール>
夢への一歩
あなたの理想のヒロイン
Evergreen
ダイヤモンド
ドキピポ☆エモーション
star light
眠れる夜に行きたいな
めっちゃGoing!!
CHASE!
just believe

ライブを通して感じたこと

ライブ全体を通して

まず初めに、このような社会情勢の中で無観客といえどライブを開催して頂いた関係者の方々に敬意を表します。

この決断に至るには大きな覚悟が必要だったと思います。

どんな状況であっても、楽しみにしているファンの皆さんに届けたいという熱い思いが感じられました。

このライブを見ることによって、「このような状況だけど自分たちも頑張ろう!」「明日から笑顔で頑張ろう!!」と思う方が沢山いたと思います。

もし辛いときや苦しいときは「虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会」のライブを見てください。

彼女たちが夢と希望と笑顔を届けてくれると思います。

楽曲や演出について

ライブで披露された楽曲は、先日発売されたシングル及び3rdアルバムの楽曲をメインに構成されていました。

まず第一曲目に「未来ハーモニー」という楽曲が披露されたのですが、一瞬で心が持っていかれましたね。

オープニング曲に相応しい希望に満ち溢れた素晴らしい楽曲です。

また、楽曲の良さだけではなく、出演者の方々がアニメーションPVでキャラクターが着ている衣装そのままで披露されました。

これまでのラブライブ同様、アニメーションとのリンクは完璧であったと思います。

そしてそこから各メンバーのソロ曲やユニットの楽曲へと続きます

その中で心から凄いと思ったことは、無観客とは思わせないような演出であったことです

出演者の歌やダンスがCG演出と見事にマッチし、大勢の方が会場にいるような雰囲気を作り上げていました。

彼女たちは通常、ライブでは何万人という大勢の前でパフォーマンスを行います。

それだけでも凄いことですが、今回は通常のライブとは違い、無観客という状況です。

観客の声援もない状況で、いつも通りのパフォーマンスを行うのは本当に難しいことでしょう

しかしながら、彼女たちは通常とは違う状況であっても堂々と凛々しく最高の笑顔でパフォーマンスを行なっていました。

どんな状況下でも最高のパフォーマンスを行える出演者の皆さんに対し、改めて尊敬の念を抱きました。

きっと、「無観客であっても1人でも多くの人に想いを届けたい」「見てくれているファンのみんなと最高のライブを作り上げたい!」という熱い想いがあったのだろうと思います。

たとえ近くで披露することは出来なくとも、ファンに笑顔を届けようと頑張っている彼女たちの姿を見て、とても感動しました

おわりに

9月12日の公演と18日のリピート配信を視聴し、改めて自分は「ラブライブ」が好きなんだと感じることができました。

コロナウイルスにより、しばらくはライブ会場に赴き直接応援するということは難しいと思います。

しかしながら、そういった状況でも運営やキャストの皆さんは私たちファンに届けようと様々なことに対し奮闘していることだろうと思います。

そんな方々を心から応援できるよう、これからも自分自身のやるべきことを全力で頑張ろうと思いました

今後も更に「ラブライブ」は進化を続けていき、最高のコンテンツに成長していくことでしょう。

まだ、「ラブライブ」について触れていない方はアニメーション、楽曲、スマホゲームなど、どのコンテンツでも構いませんので、一度触れてみてください。

彼女たちが人生をより豊かにしてくれる最高の贈り物を届けてくれると思います。