スポンサーリンク

『りゅうおうのおしごと 14』最新刊 怒涛の急展開に胸アツ!!

アニメ
スポンサーリンク

 

ジャック
ジャック

将棋を題材にしたライトノベル『りゅうおうのおしごと』の最新刊を読んだぜい!!

 

ということで、14巻の感想をお伝えしていきます

 

最終章の始まりということで、作者の白鳥先生も相当気合入っている様子ですね

 

実際に読まれた方々からの評価は高く、「続きがめっちゃ気になる!!」とおっしゃっている方がたくさんいました

 

みなさんと感想を共有していきたいので、既に読まれた方にはぜひ最後まで見て頂きたいなと

 

多少のネタバレはあるんですけど

 

まだ見ていないけど、どんな感じか気になる!!

 

という方も見て頂けると幸いです

 

今作の見所ポイントとしては

  • 『空銀子』プロ昇格後の日常&初対局
  • 主人公の弟子『雛鶴あい』の選択
  • 主人公『九頭竜八一』を取り巻く人間関係の変化

 

ざっくりとした本作品の紹介とともに、一つずつお伝えしていきます

『りゅうおうのおしごと』ってどんなお話??

舞台は大阪

 

主人公は16歳の若さで棋界の2大タイトルの1つである「竜王」を奪取した『九頭竜八一』

 

そしてその弟子である小学生の『雛鶴あい』と織り成す将棋を題材とした物語

 

ラノベの表紙から、幼女のアニメキャラが大好きなオタク向けにつくられた作品だろうと少しバカにしていました

 

 

思った以上にちゃんとした将棋の物語でした!!

 

対局のシーンなど専門用語がめちゃくちゃ出てくるので、ググりながら読みましたね

 

「居飛車」「振り飛車」「穴熊」「一手損角換わり」などなど

 

たまえ
たまえ

え!?なんなんそれ!?!?

 

って感じでした(笑)

 

まあそういったシーンは流し読みでも全然いいんだけど

 

でもやっぱりちゃんと理解したいじゃん

 

なので全てとは言わないけど、自分なりにゆっくりと理解しながら読み進めました

 

16歳で「竜王」になることについて

 

高校球児がプロデビュー後、いきなりメジャー挑戦して活躍するとか

 

プロデビューしたテニス選手がいきなりウィンブルドン優勝とか

 

それくらい「ありえない」ことらしいですねww

 

このラノベが発売された直後はけっこう叩かれたっぽいです

 

まあ、ラノベだからね

 

フィクションの世界なので個人的には別にええやろ~ってきな感じでみてました

 

しかし、つい最近

 

現実がフィクションを超えましたね(笑)

 

藤井 聡太 二冠

 

ジャック
ジャック

いや~、すごいすごい!!

 

将棋についての知識はほぼゼロなんですが、18歳で二冠なんて

 

いままでだったら考えられない!!

 

それくらいヤバいことのようです

 

たまえ
たまえ

作者の白鳥さんはどうしていくのやら(笑)

今後の展開が楽しみですね♪

 

小学生の『雛鶴あい』を内弟子にすることについて

これはまあ、さすがラノベって感じですね

 

一人暮らし用のアパートに小学生と生活するとか

 

||Φ|(|´|Д|`|)|Φ||

 

タイーホ案件ですなwww

 

まあ、こういった感じでラノベ感でてる設定やシーンもあります

 

ただ、「これはラノベ特有の設定やろww」とおもったことが実際に将棋界であったことも中にはあったり

 

ジャック
ジャック

そういったところを見つけるのも一つの楽しみかと思います♪

 

最新刊の見所その① 『空銀子』プロ昇格後の日常&初対局

プロ昇格後の日常

前巻はスピンオフな感じだったので、実質今回の14巻は12巻の続きということになります

 

12巻にて今作のヒロインの一人である『空銀子』が史上初の女性プロ棋士となり、日本中は『空銀子』フィーバー真っ只中

 

そんな忙しくなった日常において、当の本人と弟弟子であり恋人でもある「九頭竜八一」

 

隙あらばイチャイチャしてやがります

 

( `д´)ケッ

 

まあ、べつに恋人だからいいとは思うんだけど

 

そういった忙しいながらも幸せ真っただ中の空銀子だが、師匠である「清滝 鋼介」プロ昇格の報告と弟弟子との交際の報告をしようとしたところ

 

「恋愛禁止な」

 

アイドルかよwwwって思ってしまうような制約を課されてしまいました

 

ジャック
ジャック

まあ、ちゃんとした理由があってのことなので仕方ないね(笑)

この制約に負けずプロとして頑張ってほしいです!!

 

プロ昇格後の初対局

世間がめちゃくちゃ注目している中での空銀子プロ初対局

 

対局通知は日本将棋連盟会長の「月光 聖市」より手渡されますが

 

たまえ
たまえ

この対局を通知するシーンの描き方が上手いんですよ

 

会長からのねぎらい⇒通知書を開封するときの心情描写⇒対局者は・・・〇〇!!

 

読者を物語にグッと引き寄せる話の流れはさすがです先生

 

ジャック
ジャック

え!?コイツかよ!!

みたいな感じでわたしも驚かされました(笑)

 

ただ、この対戦カードはファンも待ち望んでいたのではないでしょうか??

 

相変わらず対局のシーンは細かく描かれており、その際のそれぞれのキャラクターの心情描写も丁寧に書かれています

 

将棋に詳しい方は対局の描写でどういう状況か分かるかもしれません

 

 

私のようなまったくの素人はキャラクターの心情描写でどういう状況か予想するしかありませんね(笑)

 

ジャック
ジャック

あ、コイツあわてているから劣勢なんや

みたいな(笑)

 

プロ初対局の結果は、はたしてどうなったのか!?

 

気になる方はぜひとも読んでみてください!

 

最新刊の見所その② 主人公の弟子『雛鶴あい』の選択

 

主人公「九頭竜八一」の弟子である「雛鶴あい」が思い切った選択をします

 

ジャック
ジャック

おお~~!!

そう来たか!!

 

という感じで見てました

 

このタイミングでそういった選択をとらせるなんて、、、

 

さすが白鳥先生(笑)

 

話をややこしくしていくなんて、、、さすがです(笑)

 

たまえ
たまえ

どんどんカオスな展開になっていく。。。

前巻からは想像できないような展開(汗)

果たしてどうなることやら・・・

 

最新刊の見所その③ 主人公『九頭竜八一』を取り巻く人間関係の変化

人間関係が超ややこしくなっていきます

 

ただ今後の展開としては個人的に好きなキャラクターのターンになっていくと思うので、個人的には楽しみ

 

そういった今後の展開の布石が終盤にどっさり盛りこまれています

 

ジャック
ジャック

もりこまれすぎててヤバイです!

とくにラスト!!!

 

最後の挿絵を見た瞬間

 

怖っ!!!

 

いやほんまゾクッってなりましたわww

 

これロリ幼女がキャピキャピしながら将棋さすようなオタク向けの作品ちゃうの??(失礼)

 

なんやこの昼ドラみたいな展開

 

ギャップありすぎ~~

 

ジャック
ジャック

うん、まあ楽しそうな展開になりそうなので個人的にOK(ゲス顔)

 

【まとめ】今後の展開が楽しみな布石たっぷりの14巻でした

あらためて今回の個人的な見所としては

  • 『空銀子』プロ昇格後の日常&初対局
  • 主人公の弟子『雛鶴あい』の選択
  • 主人公『九頭竜八一』を取り巻く人間関係の変化

 

序盤はのほほんとした感じなのに読み進めるごとにどんどん話が深くなっていく

 

すごいっす。白鳥先生

 

そして中盤から終盤にかけては思いもよらぬ展開が!!

 

そして次巻以降の展開がとても楽しみになってくる終わり方

 

ジャック
ジャック

次巻の発売は約4ヶ月後!!気になって仕方ない

これ以上闇が深くなっていかないことを祈るばかりです(笑)

たまえ
たまえ

まだ見ていない方はぜひともご覧ください♪

おわり♪