スポンサーリンク

【簿記3級】独学で勉強⇒奇跡的に合格できた凡人の話

経理
スポンサーリンク

簿記3級を受験しようか悩んでいるんだけど、独学で勉強してもいけるのかな?

独学で勉強するためにはどうすればいいのだろう??

わからないことだらけで不安しかないです。。。

そのような方のために、今回は『簿記3級』を独学で勉強することについて自身の経験を踏まえてお伝えしようと思います。

【この記事の内容】

  • 簿記3級の受験者数、合格率は?
  • 簿記3級の独学合格はどれくらいの勉強が必要?
  • 合格するための効果的な学習方法は?おすすめの教材は??
ジャック
ジャック

わたしは簿記会計の知識がまったくない状態で勉強をはじめました。

最初は理解するのにとても苦労しましたが、しっかりと学習すれば絶対に合格できるので頑張りましょう!

簿記3級の受験者数や合格率はどのくらい??

引用:日本商工会議所

画像は商工会議所から引用しています。

過去10年のデータより、1回の試験で大体9万~10万名が受験。合格者は3万~4万名程度であり、合格率としては40%~50%程度となっています。

世間では「は?簿記3級??余裕やろ(笑)」みたいな感じで思われていますが、普通に難しいです。

独学で学ぶとなれば、簿記の仕組みやルールの理解が最初の壁として立ちはだかると思います。

学校で習っていた科目よりかなりクセのある学問なので、独学で合格するポイントとしてはいかに内容を理解しやすい教材で学習を進めていくかがポイント。

たまえ
たまえ

分かりやすい教材で内容をしっかり理解しましょう!

理解せずに進めていくと途中でパニックになるので気を付けてください。。。

簿記3級の独学合格はどれくらいの勉強が必要?

わたしの場合は半年かかりました。

もともと三ヶ月で合格を目標としていましたが、初めての受験では見事に不合格(笑)

ジャック
ジャック

「簿記三級は簡単に合格できる」という世間の噂を信じ込んでしまい、舐めて試験に挑みました。

まあ過去問を2回解いた程度で勉強した気でいれば、落ちちゃいますね(笑)

もともと何かしらで簿記会計の勉強をしていた方や数字に強い方、勉強が得意な方は3ヶ月あれば合格することは出来ると思います。

しかしながら私のように、数字に弱く勉強が得意でない方は6ヶ月みておくべきかと。

もちろん一日の勉強時間にもよりますが、独学で1日1時間くらいの勉強量であればそれくらいかかってしまいますね(汗)

特に社会人の方などは普段の仕事の合間で学習する必要があるので、かなり大変だと思います。

ただでさえ仕事で頭を使うのに、終わってからクセのある簿記の学習をするとなると頭がパンクしてしまいます。

たまえ
たまえ

無理をして本業のパフォーマンスに影響してしまうとダメなので、余裕をもって6ヶ月合格を目指し、ゆっくりと頑張っていきましょう!!

合格するための効果的な学習方法は?おすすめの教材は??

まずは以下の教材を揃えましょう。

 

 

試験を受けるまでの流れとしては

  • 1~3ヶ月目⇒テキストで内容を頭に叩き込んで練習問題で記憶に定着させる
  • 4~5ヶ月目⇒TACの過去問を解きまくる。最低過去5回分を3回は繰り返し解く
  • 6ヶ月目(ラスト1ヶ月)⇒予想問題を解きまくる。

スッキリわかるシリーズ

テキストは「スッキリわかるシリーズ」。イラスト付きであり、内容が非常に分かりやすくなっています。

私のように「教材を読む」ということにアレルギー反応を示してしまう方にとってはかなりオススメ。

難しい単語も分かりやすく解説してくれているので非常にありがたいです。

ジャック
ジャック

他の教材みたいに説明文がただ羅列されているだけの教材ではありません!

説明+イラストで取引のイメージがしやすいので内容の理解としては最適な教材だと思います♪

合格するまでの過去問題集

全12回分の過去問が掲載されています。

この12回分の過去問をそれぞれ3回づつ解けば間違いなく合格するレベルにまで達することが出来るはず。

ただいきなり初見で全ての問題を解くことは難しいと思うので、まずは

  1. 問題を見る
  2. 少し考える
  3. 無理ならすぐに答えを見る

ということを実践してみてください。

1分くらい考えても解き方が分からなければすぐに答えを見る!!

え!?すぐに答えを見ていいの??

考えて解答できなければ意味なくない??

っと思う方もいると思いますが、わからないことをずっと考えても答えは出ないので、さっさと答え&解き方の解説を確認しましょう。

心配いりません。簿記は繰り返し問題を解くことで自然と解けるようになります。

ジャック
ジャック

スポーツと同じで、やればやるだけ上達することができるので、今解けなくても諦めず最後まで頑張りましょう!

一通り問題を解くことができたら本試験のイメージで解く!!

過去12回の問題をそれぞれ確認しつつ解けたなら、今度はすぐに答えを見ることをせず、時間制限ありで本試験をイメージしてもう一度解いてみてください。

このとき、解答はノートなどではなくコピーした付属の答案用紙を使用するようにしましょう。

答案用紙のコピーに直接回答を記入し、時間になったら終了⇒自己採点。

全ての過去問で7~8割とれていれば問題ないかと。胸を張って試験に望んでください。

あてるTAC直前予想問題で追い込みをかける!

試験1ヶ月前になったら『あてるTAC直前予想問題』で追い込みをかけましょう。

この問題集はTACが本試験の問題を予想し、数パターンの試験問題を作成してくれているものなので、確実に合格したい方は絶対に買っておくべき。

こちらの問題集は答案用紙を何回でもダウンロードできるので、繰り返し学習することができます。

試験4回分の問題が掲載されているので、こちらも過去問同様に最低3回は繰り返し解いておきたいところ。

そしてこの段階で分からないところや間違えたところがあれば要チェック!!

この予想問題で出題されている内容は本試験でも出題される可能性が非常に高いため、必ず復習するようにしましょう。

ジャック
ジャック

この問題集では過去問以上に本番を意識してみてください!

試験会場は大学の教室とかでおこなわれることが多く、机が狭いことも考えられるため自室の大きな机ではなく図書館やカフェの小さい机で模擬試験を行うことをオススメします!

もし独学に限界を感じたらどうすればいいの??

先ほど申し上げた通り、簿記は非常にクセのある学問なので何処かで一度つまずいてしまうかもしれません。

テキストを何度も読み返し理解できればいいのですが、本当に理解できずどうにもならない状態であれば迷わず『スクール』の活用を。

コスパの良い通信講座は以下のとおりです

【まとめ】簿記3級は独学でも合格できます!効率よく勉強し、何度も繰り返し問題を解いていきましょう。

独学で学習する際の流れをおさらいすると

  • 1~3ヶ月目⇒テキストで内容を頭に叩き込んで練習問題で記憶に定着させる
  • 4~5ヶ月目⇒TACの過去問を解きまくる。最低過去5回分を3回は繰り返し解く
  • 6ヶ月目(ラスト1ヶ月)⇒予想問題を解きまくる。

TACの過去問にチャレンジする際、初見であれば

  1. 問題を見る
  2. 少し考える
  3. 無理ならすぐに答えを見る
ジャック
ジャック

二回目以降は本試験を意識して時間制限を設けてチャレンジ。時間になったら終了⇒自己採点をしてみましょう。

過去12回の問題で7~8割正解ができるようになれば合格できる力はバッチリついてます!

そして最後の追い込みとしてTACの『あてる直前模試』を解きましょう。

この予想問題を問題なく解くことができれば胸を張って本試験に挑むことができると思います。

もし途中でつまずいてしまったならば『通信講座』を利用しましょう。

講師がわからない部分をしっかりとフォローしてくれると思います。

コスパのいい通信講座は以下のとおり

たまえ
たまえ

簿記を独学で勉強することは本当に大変だと思います。

しかしながら、やれば必ず合格することができると思うので最後まで諦めずに頑張ってください!

ジャック
ジャック

みなさんの合格を心から祈っています!!

最後まで諦めず頑張ってください♪

ファイトですっ!!

おわりっ♪