スポンサーリンク

半年で税理士の科目合格は無理!?|簿記論・財務諸表論を受けてみた

資格
スポンサーリンク

「税理士の科目合格ってどれくらい勉強すればいいのかな??」

「半年でサクッと合格とかできないのかな~」

 

どうも、オタク経理部員のジャックです。

本日は『税理士の科目合格(簿財)』についてお伝えします。

ジャック
ジャック

実は過去に無謀にも挑戦したことがあります(笑)

その時の体験を赤裸々に語っちゃいますよ~♪

■この記事の内容

  • 税理士試験について
  • 簿記論・財務諸表論を勉強してみた感想
  • 合格するためのポイント

税理士試験に興味がある方や、これから税理士試験にチャレンジしようとしている方はぜひ参考にして頂けると嬉しいです。

税理士試験について

目的は??

税理士試験は、税理士となるのに必要な学識及びその応用能力を有するかどうかを判定することを目的として行われます。

試験科目は??

■会計学(必修)

  • 簿記論
  • 財務諸表論
ジャック
ジャック

この2つは必修です!

■税法

  • 所得税法
  • 法人税法
  • 相続税法
  • 消費税法又は酒税法
  • 国税徴収法
  • 住民税又は事業税
  • 固定資産税
たまえ
たまえ

このうちの3つを選択します!!

ただし”所得税法”又は”法人税法”のいずれか1科目は必ず選択しないといけません!

合格するには??

各科目6割で合格(ただし相対評価なので一概に言えない)

会計2科目、税法3科目を合格すれば税理士試験の合格者となります。

ジャック
ジャック

科目だけ合格している方は ”科目合格者” となります!

これでも十分凄いので胸を張りましょう!!

※合格科目は生涯有効です(更新等はありません)

簿記論・財務諸表論を勉強してみた感想

■勉強期間

12月~8月(大学2回~3回生)

■利用したスクール

TAC 12月・1月速修コース

引用:『TAC』公式サイトより

 

■結果

  • 簿記論⇒不合格A
  • 財務諸表論⇒合格

半年でガチ受験はやめておけ!|マジで死にかけます

私は1月からTACへ通い勉強を始めたので、勉強期間は約半年です。

当時、わたしは大学3回生で就活も控えていたので

  • 税理士の科目合格をゲット⇒就活で経理配属を希望

という感じの進路を思い描いていました。

 

■新卒で経理に配属されるためにやってきたことは以下の記事に纏めています

 

結果的に財表を合格できたので良かったのですが、速習コースでのガチ受験はオススメしません!!

ジャック
ジャック

本当にめちゃくちゃ大変でした・・・

大学生だったのでなんとかなりましたが、社会人での挑戦はかなりキツイとおもいます(汗)

勉強時間は最低でも1科目600時間は必要

簿記論と財務諸表論は一方を勉強すればもう一方の学習内容をカバーできる論点もありますが・・・

少なくとも1科目600時間は必要だと思います。

たまえ
たまえ

2科目合格を目指すなら1,000時間以上!

勉強しすぎてアホになっちゃいます(笑)

 

簿記1級を既に学習済みの方であればもう少し学習時間は短縮になるかもしれませんが、簿記2級の方がチャレンジする場合、相当な覚悟をもって勉強する必要があります。

ジャック
ジャック

問題が意味不明すぎて何度挫折しそうになったことか・・・

もうあんな思いはコリゴリです(汗)

私がやっていた勉強スケジュール

  • 月・木:18:00~21:30(財務諸表論)
  • 日曜日:10:00~17:00(簿記論、13:00~14:00は休憩)

これは実際にTACに通って講義を受けていた時間です。1コマ3時間あるので集中力を維持させるのが本当にキツかったです。

ちなみに、上記以外の時間は大学の授業を受けていましたが、隙間時間は大学の図書館orTACの開放教室で自習していました。土曜日は1日缶詰状態です。

電車で通学中も、ひたすら財表の理論問題を暗記していました。何度も目的駅を降車しそこねたのは今となってはいい思い出です(笑)

たまえ
たまえ

たまにテニスして気分転換していましたが、それでもキツかった・・・

学ぶことが多すぎてリフレッシュどころではありません(涙)

スクールに通いましょう!|独学は無謀です(汗)

世の中には独学&半年で合格するような方もいると思いますが・・・

普通に考えて無理です(笑)

そんなんで合格する方は簿記1級や会計士の勉強をしていたチートです。無視しましょう。

簿記2級レベルの方はスクールを利用してなんとか合格率が20~30%あがる程度です。

ジャック
ジャック

スクールに通わないと絶対に挫折します!!

受講料はお高いですが、絶対にケチらないでくださいね(汗)

■おすすめのスクール

<通学>

<通信>

■各スクールの特徴は以下の記事に纏めています

 

最終手段は予想問題の論点だけ頭に叩き込む

簿記2級レベルの方が半年でチャレンジは無謀とお伝えしましたが、私とて例外ではありませんでした。

直前期(5月~)になっても内容の理解が追いついてなく、答練も初見ではまったく解けませんでした。

 

「これはヤバい!」と思い、私がとった行動は・・・

予想問題の部分にヤマをはる!!

はい、「なんやねんそれ!!」という皆さんからの批判の声が届いております(笑)

 

しかし、簿記2級レベルの半年しか学習していない人間がヤマを張らずに合格できる力をつけるためには、1日中ずっと勉強するくらいしないといけません。

大学生であっても、それだけの時間を確保するのは難しく、直前期でも完全に試験範囲を網羅できているわけではなかったので

出題される可能性のところだけフォーカスして、それ以外が出たら捨てる!!

こういった感じで直前期を乗り越えました。

たまえ
たまえ

こんな感じで割り切らないとやってられませんでした・・・(笑)

おわりに|税理士の簿財受験は大変です。相応の覚悟を持って挑みましょう

この記事では『税理士の科目合格(簿財)』についてお伝えしました。

内容をまとめると

  • 半年でのガチ受験は死ぬ(最低1年)
  • スクールは絶対に通いましょう(独学は無理)
  • 最悪はヤマを張る(範囲広すぎ)

必修の簿財だけでもエゲつない量の勉強が必要です。

くどいようですが、チャレンジするなら絶対にスクールを活用するようにしましょう。

ジャック
ジャック

独学はかなりキツイです(汗)

おすすめのスクールを張っときますので、興味あれば資料請求してみましょう!

■おすすめのスクール

<通学>

<通信>

■各スクールの特徴は以下の記事に纏めています