スポンサーリンク

『Apple trade in』 がキャンセルされる! ?|下取りができない原因とオススメの代替案

ガジェット
スポンサーリンク

「”Apple trade in”が勝手にキャンセルされてイライラする!」

「どうやったら解決できるの!?ほかに何か方法ないの??」

 

どうも、オタク経理部員の”ジャック”です。

本日は『Apple trade in』の下取りが勝手にキャンセルされる原因と代替案についてお伝えします。

ジャック
ジャック

申込したのに勝手にキャンセルされてムカちんです!

なにか他に良い方法はないのかな~・・・

■この記事の内容

  • 『Apple trade in』がキャンセルのなる原因
  • 下取りができない時の代替案
  • オススメのiPhone買取業者

なかなか『Apple trade in』の下取りプログラムを利用できない方は、ぜひこの記事を参考にして頂けると嬉しいです。

 

『Apple trade in』の下取りがキャンセルされる原因

下取りがキャンセルされる原因は主に以下の3つが原因と考えられます。

  1. 配送先の名義が未成年である
  2. 配送先住所と本人確認書類の住所に相違がある
  3. 本人確認書類に不備がある

多くの方は②か③が原因だと思います。

たまえ
たまえ

一つずつ確認していきましょう!

 

その① 配送先の名義が未成年

まず大前提として、配送先の名義が未成年の場合『Apple trade in』は利用できません。

『請求先』ではなく、『配送先』の名義が未成年というところがポイントです。注意しましょう。

ジャック
ジャック

『Apple trade in』は20歳以上を対象としたプログラムなので、未成年だとキャンセルされちゃいます・・・

 

その② 配送先住所と本人確認書類の住所に相違がある

次に『配送先住所と本人確認書類の住所に相違がある』場合もキャンセルされます。

『Apple trade in』は本人確認がかなりシビアなので、少しでも相違があればキャンセルされてしまいます・・・

キャンセルの理由は教えてくれないので憶測になってしまいますが、番地や部屋番号が漢数字になっていたりするのも要因の一つかもしれません。

たまえ
たまえ

本人確認書類にかかれている住所と、配送先として登録されている住所が一言一句まちがいないかどうか確認してみてください!

 

その③ 『本人確認書類に不備がある』

『Apple trade in』を利用する場合は身分証の提示が2種類必要となります。

もし片方でも不備があれば問答無用でキャンセルさせられます

多くの方は身分証に『運転免許証』と『保険証』を選択するとおもいますが、以下のような状態だと残念ながら審査は通りません。

  • 保険証に住所が未記載
  • 保険証に記載されている「記号」「番号」「保険者番号」「QRコード」をマスキングしていない

2020年10月1日より施行された健康保険法改正で保険証の「記号」「番号」「保険者番号」「QRコード」をマスキングしなければいけなくなったので注意しましょう。

ジャック
ジャック

保険証を身分証とするなら十分注意しましょうね♪

 

『Apple trade in』が利用できない時の代替案

下取りできないときは『買取』がおすすめです。

下取りするよりもiPhoneを高額で買い取ってくれる場合もあるので、どうしても下取りを実施できない時は検討してみましょう。

■オススメの買取先

ジャック
ジャック

オススメは『バイヤーズ』です!

iPhone8を高価買取してくれました♪

たまえ
たまえ

Twitter上でも下取りではなく買取のほうが良かったという意見もあります♪

 

オススメの買取業者について

オススメの買取業者は以下のとおりです。

その① 『バイヤーズ』

引用:バイヤーズ公式HP

1つめにオススメする買取業者は『バイヤーズ』

ジャック
ジャック

高評価を受けている買取業者であり、査定スピードが圧倒的にはやいです!!

その② 『ネットオフ』

引用:ネットオフ公式HPより

2つめは『ネットオフ』

たまえ
たまえ

こちらも評判がよくスムーズに取引ができます!

安心して取引をしたい方にオススメ♪

その③ 『SIMフリーiPhone買取ドットコム』

引用:SIMフリーiPhone買取ドットコム公式HPより

3つめは『SIMフリーiPhone買取ドットコム』

ジャック
ジャック

SIMフリーのiPhoneを売るならこちらもオススメ!

専門店なので他の買取業者よりも高く査定してくれるかも♪

その④ 壊れたiPhoneなら『ジャンク品iPhone買取ストア』

引用:ジャンク品iPhone買取ストア

4つめは『ジャンク品iPhone買取ストア』

たまえ
たまえ

ジャンク品を買い取ってくれる業者もあります!

画面が割れているなど状態がよくない場合はココがオススメ♪

 

おわりに

この記事では『Apple trade in』の下取りができない原因と代替案についてお伝えしました。

あらためて内容を整理すると

■『Apple trade in』の下取りができない原因

  1. 配送先の名義が未成年
  2. 配送先住所と本人確認書類の住所に相違がある
  3. 本人確認書類に不備がある
たまえ
たまえ

特に2と3が原因だと思うので、もういちど配送先住所など確認してみてください♪

■下取りできないときの代替案

ジャック
ジャック

間違いなく『Apple trade in』よりもスムーズに取引がおこなえます!

査定は無料でしてくれるので、ぜひ一度利用してみてください♪