『Apple trade in』が勝手にキャンセルされる!?|下取りができない原因とオススメの代替案

ガジェット

「”Apple trade in”が勝手にキャンセルされてイライラする!」

「どうやったら解決できるの!?ほかに何か方法ないの??」

 

どうも、ゆるふわブロガーの”ジャック”です。

本日は『”Apple trade in”が勝手にキャンセルされる原因と代替案』についてお伝えします。

ジャック
ジャック

申込したのに勝手にキャンセルされてムカちんです!

キャンセル理由も伝えられないし、どうしたらいいの??

iPhoneを下取りに出そうと考えている方はもちろん、なかなか”Apple trade in”の審査が通らずどうしていいかわからない方は、ぜひこの記事を参考にしてください。

”Apple trade in”の下取りがキャンセルされる原因

下取りがキャンセルされる原因は主に以下の3つが原因と考えられます。

  1. 配送先の名義が未成年である
  2. 配送先住所と本人確認書類の住所に相違がある
  3. 本人確認書類に不備がある
たまえ
たまえ

多くの方は②か③が原因だと思います!

一つずつ確認していきましょう♪

その① 配送先の名義が未成年

まず大前提として、下取り額が1万円以上の場合配送先の名義が未成年の場合”Apple trade in”を利用できません。

『請求先』ではなく、『配送先』の名義が未成年というところがポイントです。いま一度、配送先の名義がどうなっているかをご確認してみましょう。

ジャック
ジャック

『Apple trade in』は20歳以上を対象としたプログラムなので、未成年だとキャンセルされちゃいます・・・

その② 配送先住所と本人確認書類の住所に相違がある

次に配送先住所と本人確認書類の住所に相違がある場合もキャンセルされます。

『Apple trade in』は本人確認がかなりシビアなので、少しでも相違があればキャンセルされてしまいます・・・

キャンセルの理由は教えてくれないので憶測になってしまいますが、番地や部屋番号が漢数字になっていたりするのも要因の一つかもしれません。

もう一度、以下のポイントを確認してみてください。

  • 本人確認書類の名前・住所が申込時のものと同じかどうか
  • 本人確認書類では漢字の名前だが、一部を平仮名やローマ字で書いてる
  • 住所の一部(アパート名やマンション名)を省略してる
  • 本人確認書類の番地や部屋番号はアラビア数字なのに、漢数字にしている
たまえ
たまえ

本人確認書類にかかれている住所と、配送先として登録されている住所が一言一句まちがいないかどうか確認してみてくださいね♪

その③ 本人確認書類に不備がある

『Apple trade in』を利用する場合は身分証の提示が2種類必要となります。もし片方でも不備があれば問答無用でキャンセルさせられます。

多くの方は身分証に『運転免許証』と『保険証』を選択するとおもいますが、以下のような状態だと残念ながら審査は通りません。

  • 保険証に住所が未記載
  • 保険証に記載されている「記号」「番号」「保険者番号」「QRコード」をマスキングしていない

2020年10月1日より施行された健康保険法改正で保険証の「記号」「番号」「保険者番号」「QRコード」をマスキングしなければいけなくなったので注意しましょう。

ジャック
ジャック

保険証を身分証とするなら十分注意しましょうね♪

”Apple trade in”が利用できない時の代替案

下取りできないときは『買取』がおすすめです。下取りするよりもiPhoneを高額で買い取ってくれる場合もあるので、どうしても下取りを実施できない時は検討してみましょう。

ちなみに私がiPhone8の買取依頼したところ、14,000円で買取成立ができました。

当時の”Apple trade in”では下取り価格が満額で1万円程度だったので、かなり得だったと思います。

たまえ
たまえ

”Apple trade in”は少しのキズで査定額が100円にされるとか…

本人確認の手間も考えると、絶対に買取のほうがオトクですよ!!

オススメの買取業者はコチラ

『ネットオフ』

引用:ネットオフ公式HPより

■オススメポイント

  • ”月間買取金額6,000万円”と多くのユーザーが利用しており、実績は十分で信頼できる
  • 各国の政府機関の認定検査を通った製品 ”blancco” を使用しデータ削除している
  • ”査定無料” ”送料無料” であるため、気軽に査定依頼ができる
たまえ
たまえ

安心と信頼の”ネットオフ”♪

スピーディかつ手軽に査定を申し込めるのでオススメですよ!

『バイヤーズ』

引用:『バイヤーズ』公式サイトより

■オススメポイント

  • ”付属品の欠品で減額なし!” スマホ本体だけで高価買取してくれる
  • 配送料や振込手数料は一切不要! 梱包キットも無料で貰える
  • ”年間買取台数20,000台”と多くのユーザーが利用しており、実績は十分で信頼できる!
たまえ
たまえ

老舗の買取業者でスピーディに対応してくれます!

買取限度額が設定されているので、大幅な減額がされない点が魅力ですね♪

■”バイヤーズ”については以下の記事も参照ください。

『i-Market』

引用:『i-Market』公式サイトより

■オススメポイント

  • ”写真で査定⇒買取”というシステムなので最短15分で現金化できる!
  • 画面割れ等でも、自社特有のジャンク相場にて高価買取!
  • iPhone専門の買取業者なので、他社よりも査定額が高い!
ジャック
ジャック

写真送付⇒査定額提示⇒買取&現金化⇒iPhoneを郵送という流れになります!

現金先払いなので、申込フォームは他社よりも項目が多いです♪

おわりに

この記事では『Apple trade in』の下取りができない原因と代替案についてお伝えしました。

あらためて内容を整理すると

■”Apple trade in”が勝手にキャンセルされる原因

  1. 配送先の名義が未成年である
  2. 配送先住所と本人確認書類の住所に相違がある
  3. 本人確認書類に不備がある

上記の②と③が主な要因かと思われるので、こちらをもう一度よく確認するようにしてください。

また、どうしても”Apple trade in”が利用できないような場合は買取業者に依頼することも選択肢の一つとしてイイとおもいます。

ジャック
ジャック

買取のほうが下取りよりも高価&手続きがスピーディなのでオススメです♪

査定依頼は無料なので、ぜひ一度ご利用くださいね!

■オススメの買取業者