スポンサーリンク

【経理の基本を学べます!】『中小企業の経理』の特徴や雰囲気、大企業との違いをまとめてみた

経理
スポンサーリンク

「中小企業の経理はどういった感じなの?」

「大企業と比べてどういったところが違うの?詳しく教えてください!」

 

どうも、ゆるりブロガーのジャックです。

今回は『中小企業の経理について』お伝えしていきます。

ジャック
ジャック

中小企業なら経理の基本をしっかり学ぶことができますよ!

実務や職場の雰囲気などもお伝えするので、参考にしてみてくださいね♪

中小企業の経理に就職・転職予定の方は、ぜひ最後までご覧ください。

【結論】中小企業の経理の特徴は以下のとおり

  • 少人数で仕事を回す(人数は部長含め3〜4名ほど)
  • オーソドックスで基本的な経理の仕事を学べる
  • 仕事は『広く・浅く』やっていくので、全体像を把握しやすい
  • 上との距離が近いので相談しやすい・決済スピードが速い
  • 会社から重宝される
ジャック
ジャック

特徴はざっとこんな感じです!

中小企業なら色んな仕事を幅広く経験できると思います♪

中小の経理は少人数で仕事を捌いていきます

中小企業の経理は少人数で仕事をします。人数は経理部長を含めて3〜4人程度。

大企業であれば、経理部全体(財務や税務を含む)で20名くらい在籍しているので、約1/4のメンパーで仕事を回します。

え!?そんな環境めちゃくちゃ大変そうやん…

と思うかもしれませんが、大企業ほど専門的で難しい内容の仕事はしないのでご安心を(そういった仕事は税理士に委託しているところがほとんどです)

基本的な仕事(入金・支払い・伝票起票・財務諸表作成など)を少人数で分担して行っていきます。

 

ただし、中小経理は経理・財務・税務などの分野に関係なく広い範囲で仕事をしなければなりません。

マニアックな専門分野の知識は必要ありませんが、それぞれの分野の必要最低限の知識を持っておかなければならないので、最低でも日商簿記 2 級程度の知識は持っておくようにしましょう。

ジャック
ジャック

様々な分野を一人で担当しますが、マニアックで難しい仕事は税理士がやってくれるので安心してください♪

たまえ
たまえ

財務会計だけではなく、管理会計や税務会計にも携われるので、基本的な経理の仕事を学ぶということについては最高の環境だと思いますよ♪

周囲との距離が近いので相談しやすい・決裁スピードが速い

中小企業は社員数も 100〜300人程度。支店や営業所の数もそんなに多くはありません。

よって他の社員と距離が近いので、何かトラブルが起こってもすぐに相談できます。

また、上層部との距離も近いのも非常に助かります。提案や依頼事項などスピーディに決裁してくれます。

 

もし大企業であれば、”どこで” “誰が” “何を”しているか分からないので、相談したくても誰に相談すればいいのかわからないことがよくあります。

更に言うと、部門が多く組織構造が複雑なため、稟議がなかなか下りにくい・決裁されないということもしばしば。

ジャック
ジャック

スピーディかつ効率的に仕事をしたいのであれば、中小企業はかなりオススメです!

たまえ
たまえ

大企業は決裁も遅く、物事の決定がめちゃくちゃ遅いのでイライラすると思います!

会社から重宝される

経理は少数精鋭の部隊なので、1人でも退職をされると大変です。

もし、退職をする人が実務経験豊富でエース的な存在であれば会社は必死で説得を試みること間違いないでしょう。

今はどの会社も経理の人手不足が深刻化している状況です。辞められると困るのは上層部の人間です。

よって経理の人間は上層部から重宝されます。ある程度の意見は聞き入れてくれると思います。

たまえ
たまえ

会社に対し意見があれば面談時に伝えるようにしましょう!

ある程度の要望は聞き入れてくれると思いますよ♪

中小企業の経理はココが気になる

  • “なんでも屋”にさせられる可能性もあり
  • 人間関係がこじれるとかなり辛い
  • 仕事の進め方がアナログで効率が悪い
ジャック
ジャック

良い部分もあれば、気になる部分もあります!

入社して「こんなはずじゃなかった!」と思わないように…

“なんでも屋”にさせられる可能性もあり

中小経理の魅力は色んな仕事を幅広く経験できることではありますが⋯

明らかに経理業務ではない仕事をさせられることもあります。

たとえば情報システムの管理など。大企業では”情報システム統括部”があったりしますが、中小企業にはそのような部門は基本的にありません。

もし社内にシステムの担当者がいなければ、間違いなく管理系の部門の人間が担当にさせられます。

現在はテレワークの普及や、SDGsなど、どの部門が担当すべきなのかがあいまいな取り組みが普及しています。

そういった『どの部門に当てはまるかよくわからない仕事』はすべて管理部門に回ってくるので、気づいたら”なんでも屋”にさせられていたということがよくあるのです。

ジャック
ジャック

「これは明らかに経理ではない!」という仕事もしなければならない時があります⋯

たまえ
たまえ

スキルは身に付きますが、モチベーションを保つのに苦労するんですよね⋯

人間関係がこじれると辛い

中小経理は少数精鋭なので、チームワークがめちゃくちゃ重要です。気軽に報・連・相できる関係にしておかなければ、間違いなくトラブルが発生します。

円滑に仕事を進めていくためにも、周りの人と溝をつくらないよう注意しましょう。

もし、何かの拍子で人間関係が悪化してしまえば地獄です。仕事が思い通りに進まなくなり、部内の雰囲気もギスギスするのでめちゃくちゃストレスがたまります。

大企業なら転勤で逃げられますが、中小企業の経理は転勤がないところがほとんどなので逃げ場がありません。

解決する方法は他部門に異動するか、転職するしかないのです…

ジャック
ジャック

経理はクセの強い人が多いので、面接の際にどんな人と一緒に仕事をするのかを絶対によく確認するようにしてください!

仕事のやり方がアナログで効率が悪い

現在は中小であっても、請求書の電子化や経費精算ワークフローを導入する企業も増えてはいますが、まだまだアナログなやり方で仕事を進めている企業はたくさんあります。

私が勤めていた中小では、振替伝票を手書きで記載していたり、Excelを使わず台帳を手書き&合計値を電卓で集計したりするなど、まるで昭和のようでした。

自分自身でアナログな部分をデジタルに変えていけばいいのですが、周囲の人の理解を得るのはめちゃくちゃ大変です。

もし自分勝手にデジタル化を進めてしまうと、間違いなく人間関係の悪化を招いてしまいます。

たまえ
たまえ

アナログ⇨デジタルに変えるのが好きな方でも、周りを理解させるコミュ力は絶対に必要なので大変です⋯

どうすれば優良な中小企業に入れるの??

  • 経理に強い転職エージェントを必ず利用する
  • 面接では一緒に仕事する人としっかり話す&言動をチェックする
  • 面接時に職場見学を申し入れて、実際の雰囲気を確認する
ジャック
ジャック

転職時の行動が超重要になります!

内定をゴールにしないよう注意しましょうね♪

経理に強い転職エージェントを必ず利用する

経理に強い転職エージェントを必ず利用するようにしましょう。

理由としては

  • オススメの非公開求人を教えてくれる
  • 職場の内情を出来る限り詳しく教えてくれる
  • 調査会社を利用しているので、健全な会社を紹介してもらえる
たまえ
たまえ

間違っても『転職サイト』を利用して転職しないように!

優良企業に出会いたいならエージェントは必ず利用するようにしましょう♪

■経理に強い転職エージェントはコチラ

  1. MS-Japan
  2. マイナビエージェント
  3. ジャスネットキャリア

面接では一緒に仕事する人としっかり話す&言動をチェックする

面接では一緒に仕事をする社員の方が面接官として参加すると思います。その方とはじっくりと話をするようにしましょう。

確認する内容としては、その方の言動や表情。上から目線で話さないか、表情は豊かで接しやすいかなど確認してみてください。

何度もお伝えしますが、中小は人間関係が超重要です。まずは一緒に仕事をする人物がマトモな方かどうかを確認するようにしましょう。

ジャック
ジャック

まずは一緒に仕事をする方の人柄をチェック!

中小で仕事をする際は、本当に重要ポイントとなります!!

たまえ
たまえ

余裕があれば仕事について深く探りを入れてみてください♪

”なんでも屋”にされていないか、周囲と上手く連携できているかなど確認できたらOK!

面接時に職場見学を申し入れて、実際の雰囲気を確認する

これは本当に重要です。企業側から提案されることもありますが、なにも言われなければ自分からお願いするようにしてください。

部内の雰囲気は実際に観てみないと分かりません。もし職場見学OKであれば、以下のポイントについて確認してみましょう。

  1. 経理部の方の机の上が書類で埋もれていないか
  2. 挨拶をしたらキチンと笑顔で挨拶を返してくれるか
  3. 部全体の雰囲気がギスギスしていないか

3つ目は感覚的な部分になると思いますが、もし第一印象で「あれ?」という思うようなことがあれば注意しましょう。その場合、だいたい入社してから「あの時の自分の感覚は正しかった…」と後悔すると思います。

ジャック
ジャック

「面接時に聞いていた雰囲気と全然違っていた!」とならないよう、職場見学は必ず申し入れるようにしましょうね!!

たまえ
たまえ

面接官以外にも、経理にはどういった方がいるかチェックしましょう♪

『机の上が整理整頓されているか』『笑顔で挨拶してくれるか』は超重要ですよ!!

おわりに

この記事では『中小企業の経理』についてお伝えしました。

あらためて内容を整理すると

  • 少人数で仕事を回す(人数は部長含め3〜4名ほど)
  • オーソドックスで基本的な経理の仕事を学べる
  • 仕事は『広く・浅く』やっていくので、全体像を把握しやすい
  • 上との距離が近いので相談しやすい・決済スピードが速い
  • 会社から重宝される

経理の基本的な仕事を一通り学ぶことができるので、スキルアップできると思います。

また大企業と比べ、上層部との距離が近いので提案や依頼事項などスピーディに決裁してくれます。

ガチガチのルールに縛られることなく、自分のペースで仕事を進めていきたいと思っている方にとっては最高の環境だと思います。

ジャック
ジャック

大企業はジャマくさいルールがたくさんあるので、思うように仕事を進めることができないのです…。

たまえ
たまえ

その点、中小企業であれば融通も利くので比較的自由に仕事を進められます!

提案や依頼事項もスムーズに決裁してくれるので、スピーディに仕事ができますよ♪