スポンサーリンク

『新卒で経理に配属されるためには??』大学生活で準備できることを簡単に纏めてみた。

経理
スポンサーリンク

大学を卒業したら経理で働きたい!!

 

けど、新卒は基本的に総合職採用・・・

どうすれば経理に配属させてくれるのだろう。。。

そういった悩みを少しでも解決できればと思い、記事を作成しました。

【この記事で紹介すること】

  • 新卒で入社⇒経理へ配属される確率はどれくらい??
  • 配属される確率を上げるためにやるべきことは??
  • 持っておくと配属面談でアピールできる資格とは??
たまえ
たまえ

わたし自身の経験も踏まえて紹介していきます!

経理への配属は狭き門ですが、きちんと準備をすれば大丈夫だと思います♪

まず結論から

経理へ配属される確率

  • その他の職種希望⇒20%
  • 経理希望&資格なし⇒50%
  • 経理希望&資格あり⇒70%

配属される確率を上げるためにやるべきこと

  • 商学部、経済学部に入学し会計関係の授業を受ける
  • 日商簿記など会計関係の資格を取得する

配属面談でアピールできる資格

  • 日商簿記(2級以上)
  • FP技能士
  • 税理士(科目合格でもOK)
  • 公認会計士
  • FASS検定

新卒で入社⇒経理へ配属される確率はどれくらい??

新卒での入社は基本的に総合職での採用になると思います。

そのような場合は、入社後に集合研修⇒配属面談⇒各部署へ配属という流れになるかと。

では、配属面談⇒経理への配属となる確率はどれくらいなのか?

わたしの主観ではありますが、以下のような感じではないかと予想しました。

  • その他の職種希望⇒20%
  • 経理希望&資格なし⇒50%
  • 経理希望&資格あり⇒70%

その他の職種希望⇒20%

え!?経理を希望していないのに配属させられることなんてあるの!?

A.あります。

総合職で入社している以上、事務職は事務職全般(営業、経理、総務、資材など)に配属となる可能性があります。

わたしの後輩は営業志望であったにもかかわらず、経理の配属となりました。

学部は法律系だったので、会計関係の資格を有していたわけでもありません。

このように、根拠がまったくわからないような配属も普通にあります。

たまえ
たまえ

わたしたちは『運命の配属ガチャ』とよんでいました(笑)

 

総合職で入社したならば配属は運ゲーです。仕方ないと割り切るしかありませんね(涙)

経理希望&資格なし⇒50%

先ほど「配属は運ゲー」とお伝えしましたが、配属面談にて『経理希望』を強く訴えれば可能性はグッと高くなるかと思います。

  • 「自分は○○が強みなので、経理で活かせると思います!」
  • 「経理で○○の仕事がしてみたいです!」
  • 「将来は経理部長となって、会社を財務面から良くしていきたい!」

こんな感じで良いので、『絶対に経理になりたいんだ!!』という熱意を見せてみることが大切!

もし経理志望の方が少ないようであれば、優先的に経理へ配属してくれると思います。

ジャック
ジャック

やはり配属面談を担当する社員も人間なので、その職種にこだわる熱意を見せると経理に配属させてくれるかもしれませんよ♪

経理希望&資格あり⇒70%

この場合は最強です。
よっぽど面接で余計なことを言わないかぎり高確率で経理配属となります。

実際わたしが新卒で入社した会社では、経理配属となったメンバーはわたしを含め全員が『簿記2級』以上を保有

他にも経理へ希望した方は数十人いましたが、配属先として告げられたのは別の部署でした。

彼らに話を聞いてみたところ、資格は保有していなかったとのこと。

ジャック
ジャック

「資格を持っていれば絶対に経理になれる!」というわけではありません。

 

ただ、あるのとないのでは確率がかなり変わってくると思います!

たまえ
たまえ

もちろん他の部署に配属を告げられる可能性もありますが、それでも経理への可能性がゼロとなったわけではありません。

 

ジョブローテーションや転職でアピールできると思うので、資格は持っていて損になることはないと思います♪

配属される確率を上げるためにやるべきことは??

その① 商学部や経済学部に入学し会計関係の授業を受ける

『商学部』や『経済学部』の出身で会計関係の授業を履修していれば、「少しは会計のことを理解していそう」と思ってくれるかもしれません。

え!?わたし商業系の学部じゃないからダメやん・・・

と思う方も安心してください。

一般教養で他の学部の授業も受けることができると思うので、そういった授業に積極的に参加してみましょう。

ジャック
ジャック

大学の授業を受ければ簿記2級レベルの知識をつけることができると思います!

 

少しでも経理に興味があれば受講することをオススメします♪

その② 日商簿記など会計関係の資格を取得する

経理を希望するならば、『日商簿記』の資格は保有しておきたいところ。

簿記以外であれば『FP技能士』などもオススメです。

これらの資格を保有していれば

「実務でこれらの資格を活かせるよう頑張りたい!!」

と熱意をアピールできると思います。

ジャック
ジャック

知識があれば実務が完璧にできるわけではないのですが、肝心なのは

 

「経理で仕事したい!!その為にこういった勉強をしてきたんだ!!」

 

ということを上手くPRすることだと思います♪

持っておくと配属面談でアピールできる資格とは??

先ほど、『日商簿記』や『FP技能士』については紹介しましたが、それ以外にも

  • 税理士
  • 公認会計士

などもかなりのアピールになります。

ただ、税理士や公認会計士は大学生活を全て勉強に当てるくらいでないと合格できないような超難関の資格です。

なので個人的には税理士の『簿記論』か『財務諸表論』のどちらかを取得することをオススメします。

科目合格でも難しいですが、これらを持っているだけでかなり評価されるかと。

それぞれの資格を最短で合格したい方はスクールを活用してみてくださいね。

ジャック
ジャック

効率よく資格取得を目指すのであれば、スクールを活用してみてください。

 

スクールであれば効率よく学習ができ、合格できる可能性もグッと高くなると思います。

たまえ
たまえ

可能であれば税理士の科目合格!難しいようであれば『日商簿記』と『FP技能士』にチャレンジしてみましょう♪

 

これらを持っていれば志望動機のネタになりますし、「継続的に勉強できます!」というアピールにもなるので非常にオススメです♪

オススメのスクールについて

税理士や公認会計士

税理士や公認会計士を目指すなら、以下のスクールがオススメです!

ジャック
ジャック

どちらも資格の専門学校として最大手であり、合格者も多数輩出している有名なスクールです!

日商簿記やFP

日商簿記やFPについては以下のスクールでコスパよく学習できます!

もし独学での合格を目指すのであれば、以下のサイトにてTACの教材を購入することができます。

TAC出版オンライン書籍サイト【CyberBookStore】

簿記3級を独学で合格した体験談もまとめているので、よければご覧ください。

たまえ
たまえ

上記のスクールはコスパ最強なのでオススメです♪

 

独学なら教材はTACがおすすめ!

内容が非常にわかりやすいので、初心者にとってはありがたい教材です。

 

 

【まとめ】経理に配属希望であれば『日商簿記』などの資格を持っておきましょう。

総合職で入社したならば配属は運ゲーとなってしまいます。

しかしながら、経理へ配属される可能性を上げることは可能!

大変ですが、大学生活で以下のことを実施してみて下さい。

  • 簿記・会計関係の授業を履修する
  • 会計関係の資格を取得する

経理になりたいと思う人はもちろん、少しでも興味がある人はトライしてみましょう。

特に『日商簿記検定』は非常にオススメの資格です。

お金に関するビジネスの基礎を学べるので、持っていて損になることはまずありません。

3級なら独学でも合格は可能だと思うので、以下の記事を参考にしてみてください。

2級でも独学で合格することは可能だと思いますが、自信のない方はスクールの活用を検討してみてください。

以下のスクールであれば効率よく学習できると思います。

さらに経理配属の可能性を上げたい方は『税理士』の科目合格を目指してみてください。

独学ではかなり難しいので、『資格の大原』 や『TAC』などのスクールを活用しましょう。

ジャック
ジャック

総合職採用なので、経理に配属されるのは運しだいです(涙)

 

けれども配属される可能性を上げることはできるので、大学時代にしっかりと準備しておきましょうね♪

たまえ
たまえ

違う部署に配属となっても、ジョブローテーションや転職でチャンスはいくらでもあります。

 

諦めず、経理の一員となれるようコツコツと準備していきましょうね♪

おわり♪