スポンサーリンク

大企業の経理は楽なのか!?|実際に働いている現役経理マンがぶっちゃけます

経理
スポンサーリンク

「大企業の経理はラクなの??」

「どういった感じなのか知りたいです!」

 

どうも、ゆるりブロガーのジャックです。

本日は「大企業の経理はラクなのかどうか」についてお伝えいたします。

ジャック
ジャック

私は大企業で数年仕事をしています!

実際の仕事環境について色々とぶっちゃけますね♪

大手の経理を目指している新卒者はもちろん、大企業に転職予定の方はぜひ参考にしてください。

ラクかどうかは配属先による

まず結論を言うと、「ラクかどうかは配属先による」という感じです。

大企業の経理は本社以外に、主要都市にある支社にも経理部門があります。工場を持っていれば、工場にも経理があります)

さらに言うと、海外展開している会社であれば海外支社にも経理があります。

場所ごとにやる仕事が変わるのはもちろん、同じ仕事でもやり方や進め方が違ったり、職場の雰囲気も違ったりすることもあります。

なのでラクかどうかは配属先の環境によりけりだと思います。

ジャック
ジャック

私が配属となった経理はめちゃキツい環境でしたが、同期はめちゃくちゃホワイトな環境でした(涙)

全体的にみて、どういったところがラクなの??

担当している分野にだけ集中できる

大企業の経理は“担当した分野のスペシャリストになる”という感じです。例えば・・・

  • 資金繰り
  • 債権・債務の管理
  • 固定資産
  • 税務
  • 計画策定などの管理会計
  • 原価計算

こういった仕事をグループに分かれて担当しているので、配属されたグループが担っている分野をマスターしていきます。

最近は、ジョブローテーションで3年くらい経てば担当が変わったりもしますが、配属されたら数年はその分野を極めるという感じで思っておいた方がいいでしょう。

 

そんな分業制の経理では、“なんでも屋”にならず、自分の仕事に集中できるので気がラクです。

中小企業など人が少ない企業では“なんでも屋”にされる可能性が高いですが、大企業であれば担当している仕事だけに集中する事ができます。

たまえ
たまえ

他の事に気を取られず、自分の担当している分野だけに集中しておけばいいので、“なんでも屋”よりは気持ち的にラクだと思います!

マニュアルがキチンと作られている

大企業ならマニュアルがきちんと作られているので、スムーズに仕事を覚えられると思います。

大企業は変化に弱く、小回りが利かないので、これまでにやってきたやり方を簡単に変えようとしたりしません。

マニュアルに書かれている事を一通り覚えれば最低限の仕事はできるようになるので、そういった部分では比較的ラクに仕事ができるかなと。

但し、自分が担当している時にやり方を変えないといけない状況になるとマニュアルを作り直さなければならないので、その時は大変です。

ジャック
ジャック

そういった状況にならないよう、余計な意見は出さず細々と仕事をしましょうね(笑)

有給がとりやすい

大企業の経理は有給が取りやすく、休みやすいです。

現代は大企業であればあるほどコンプライアンス遵守の意識が強く、働き方改革などでしっかりと部下に休みを取らさないと上の人間が怒られたりする時代です。

また不当に働かせて、その事実を労基にチクられたりすると社会的な信用を失ってしまう可能性もあります(大企業はこれを1番嫌がってます)

なので最近は月に1度は有給を取得できたり、休日出勤したら代休は必ず取らせるなど、積極的に休みを取れるような環境になりつつあります。

たまえ
たまえ

中小企業に比べると休みが取りやすく、休む時に気を遣わせたりする事も少ないのでラクちんですよ♪

在宅(テレワーク)しやすい

大企業であればあるほどテレワークしやすいと思います。

理由としては経費精算や請求・入金管理・必要書類の申請など、オンラインで全て対応できるようなシステムを導入しています。

イメージとしては今CMで話題の“楽楽精算”みたいな感じ。

大企業であれば、“OPEN21 SIAS”や“イントラマート”などの『経費精算ワークフロー』をしっかりと完備しているところがほとんどでしょう。

ジャック
ジャック

まったり自宅でテレワークしたい方は大企業に行く事をオススメします♪

研修が充実しているので能力アップしやすい

大企業は研修制度がかなり充実しています。新人研修は数ヶ月間設けており、いきなり現場に放り投げられることはまずありません。

また、新人ではなくとも仕事に関係するような研修であれば積極的に参加させてもらえます。

例えば経理であれば、簿記・会計の通信講座や、グループ会社の経理を集めてのディスカッション(事例研究)など。

海外支社に赴任する際は語学スクールに通わせてくれたりもします。

たまえ
たまえ

仕事をラクに捌けるように、研修制度をフル活用してキャリアアップしていきましょう♪

能力が低くても、それなりの給料がもらえる

大企業ではどんなに能力が低くても、会社に居続けさえすれば、それなりの給料はもらえます。

実際に私がいた会社では、仕事内容が”郵便物の仕分けのみ”で年収が700万という方もいました。(マジです)

このように、完全能力主義でないかぎり会社にしがみついておけば、ある程度の給料は補償されているので、気持ち的にはラクかもしれません。

ジャック
ジャック

あまりにも年齢層の若い会社は実力主義の可能性もあるので、就職や転職の際には注意しましょうね♪

大企業の経理はこういった方にオススメ

  • ”なんでも屋”ではなく、一つの分野のスペシャリストになりたい
  • 月に1度は有給を取得したい
  • テレワークでまったりと仕事をしていきたい
  • 積極的に研修を受けてレベルアップしていきたい
  • 能力に自信ないけど、それなりの給料はもらいたい
たまえ
たまえ

一つでも当てはまったなら、大企業への就職を目指して頑張っていきましょうね♪

おわりに

この記事では『大企業の経理はラクなのか』ということについてお伝えしました。

あらためて内容を整理すると

  • 支社や向上にも経理部があるので、ラクかどうかは配属先による
  • 休みの取りやすさなど、全体的にみるとラクできる部分はたくさんある
  • ぶら下がり社員でも高収入になれる

最初にお伝えしたとおり、ラクかどうかは配属先によります。

但し最近はコンプライアンスの観点から、残業の抑制・有給取得の推奨・パワハラへの対策など、社員が働きやすくなる環境づくりをしているため、ハズレの超ブラック部署に配属されるという可能性は低くなってきているかと。

現在はテレワークの普及など、ラクしようと思えばできるような環境になりつつあるので、本業はそこそこ頑張る+可能な限りラクしたいという方にとっては最高の環境かもしれません。

ジャック
ジャック

ゆるりマイペースに、自分の仕事に集中しつつ可能な限りラクしたいという方は大企業がオススメですよ♪

たまえ
たまえ

入社の難易度は高いですが、入社できれば様々な恩恵を受けられます!

内定をもらえるよう頑張りましょうね♪